メニュー

花粉症・アレルギー性鼻炎・ハウスダスト・ダニアレルギー

食べ物や花粉、ハウスダスト・ダニ、金属などが原因のアレルギーでお悩みの方は多く、当院ではアレルギー検査(血液検査)をおこなっております。血液検査では原因物質である「アレルゲン」に反応するIgEの量をしらべることによりアレルギーの有無の程度を調べることが可能です。また、アレルギーでお悩みの方に対してスギ花粉症やダニアレルギーへの舌下免疫療法を含む幅広い診療・治療をおこなっております。何に対するアレルギーかわからずお悩みの方、花粉症や蕁麻疹、気管支喘息でお悩みの方などお気軽にご相談ください。

アレルギーに関する諸症状

  • 花粉症に伴う鼻水・くしゃみ・鼻閉(鼻づまり)・目のかゆみなどへの治療
  • 蕁麻疹
  • 喉のイガイガや身体の痒み
  • 長引く咳

アレルギー検査

MAST 36

アレルギーの原因物質として頻度の高い36項目の血液中のアレルゲンをまとめてしらべられるセットの採血検査です。
スギ花粉、ハウスダスト、ダニなど、どのようなものに対するアレルギーがあるかを調べたい場合は、採血をして1週間後に結果をお話しできます。
検査対象となるアレルゲン36項目は以下のとおりです。

吸入系アレルゲン

<吸い込んで体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>

  • 室内の塵:コナヒョウヒダニ、ハウスダスト
  • 動物:ネコ、イヌ
  • 昆虫:ガ、ゴキブリ
  • 樹木:スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
  • 草:カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
  • カビ:アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ
食餌性アレルゲン

<食べて体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>

  • 卵:卵白、オボムコイド
  • 牛乳(ミルク)
  • 豆、穀物:大豆、小麦、そば、ごま、米
  • ナッツ類:ピーナッツ
  • 甲殻類:エビ、カニ
  • 果物・野菜:キウイ、モモ、バナナ、トマト
  • 肉類:牛肉、豚肉、鶏肉
  • 魚:マグロ、サケ、サバ
  • その他: ラテックス(ゴム)

アレルギーの治療について

治療の基本は

  • アレルゲン暴露の回避
  • 抗ヒスタミン薬の服用

薬剤治療のベースになるのが、「抗ヒスタミン薬」。ヒスタミンの働きをブロックし、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を抑えてくれます。これまでは「花粉症の薬は眠くなる」と言われがちでしたが、眠気などの副作用が軽減された「第2世代抗ヒスタミン薬」が登場し、こちらが主流になりました。

点鼻薬: アレルギー性鼻炎、花粉症においてすべての重症度で副腎皮質ステロイドの点鼻薬が推奨されています。

・スギ花粉症やダニ・ハウスダストへのアレルギーの方への舌下免疫療法 → 唯一の根本治療になりうる治療法

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME