メニュー

気管支喘息

病態・疫学

  • 気道の慢性炎症を本態とし、可逆性の気道狭窄による喘鳴、咳、呼吸困難、咳などの症状を特徴とします。
  • 日本での有症率は小児で10~15%, 成人で5~10%と言われています。
  • 発症機序的にアトピー型喘息と非アトピー型喘息に分類されます。I型アレルギーであるアトピー型喘息は殆どが小児期に発症し、成人でも若年者に多く、ハウスダストやダニ、いわゆる吸入抗原(アレルゲン)が原因の場合は春と秋に特に感冒の原因となるウイルス感染で増悪しやすいとされています。高齢者(40歳以上)の喘息は冬に増悪しやすいとされています。

診断

診断基準はなく、発作時の喘鳴、夜間・早朝に出現しやすい咳の反復を特徴とします。小児喘息やアレルギー性鼻炎やアトピー皮膚炎の既往、家族歴なども喘息を疑う臨床所見です。

  • 気道炎症の評価として末梢血好酸球数、喀痰中好酸球比率、呼気中一酸化炭素濃度(FeNO)、特異的IgE測定、ピークフローメーター、スパイロメーターによる気流制限の評価を行い、診断します。

喘息の治療

  • 管理の目標は症状のコントロールおよび発作発症頻度の低下させて患者さんのQOLを改善することです
  • 吸入療法は基本的に吸入ステロイドをベースに使用して、症状増悪時にリリーバーとして短時間作用性のβ2刺激薬の使用がなされます。
    鼻汁・鼻閉がある場合は、ロイコトリエン受容体拮抗薬の内服薬が使用されます。
  • ダニや花粉に対するアレルギーによる気道炎症繰り返す場合は、対象のアレルゲンエキスの投与を低濃度から投与するアレルゲン免疫療法(減感作療法:皮下注法と舌下液法)が行うこともあります。
  • 重症例には抗IgE抗体療法や抗IL-5抗体薬の投与が行われます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME